本文へスキップ

診察料・送料は全て込みのため、下記の金額のみのご請求です。

オンデマンドPrEP 3ヶ月毎定期(3ヶ月毎1ボトル)

12,800円/月


デイリーPrEP 月々定期

12,800円


デイリーPrEP 6ヶ月毎定期

10,000円/月

合計:60,000


デイリーPrEP 12ヶ月まとめ

7,900円/月

合計:94,800


月々は28日後に1ボトル、3ヶ月毎は84日後1ボトル、6ヶ月毎は168日後に6ボトル次回発送させていただきます。ご希望出ない場合は、次回発送までの間でしたら、定期便の無料停止が可能です。検査キットは単発の購入です。決済・発送済みのお薬に関しては、誤発送などの特別な事情を除き返品返金を承っておりません。体に入れる「お薬」・針を使って体液を採るキットであるため、仮に返品いただいても、他のお客様に同じものをお送りすることができないからです。ご理解のほどよろしくお願いいたします。

01

他院からの乗り換えで割引。
安いから、続けやすい。

毎月のお薬だからこそコスパが大事!他院でご利用のお客様向けに、お得な「乗換割」を実施中です。

02

電話するのはなんだか嫌

だったらしなくてもOK!

「飲み慣れたお薬で質問はない!」そんな方はお電話不要!LINE・メールにてその旨をご連絡ください。(確認が必要な場合、お電話をさせていただきます。)問診内容を医師が確認し、処方が可能の場合購入の流れとなります。

03

アフターフォローあり。

しっかり寄り添います。

服用中に体調面で不安なことがある時はいつでもご連絡ください!専門スタッフや医師がサポートをさせていただきます。

HIVに感染していない人性行為の前にHIV薬を飲むことで、HIV感染を予防する方法です。特にHIVに感染するリスクが高い人に推奨される予防方法です。

コンドームは相手任せの予防法ですが、「PrEPは自分の意思で内服し、予防ができる」と、今ではWHO(世界保健機関)も推奨しています

服用方法

PrEPの飲み方は2通りあります。月2回以上の性行為がある方は、デイリーPrEP(毎日服用)を推奨します。

01

デイリーPrEP

この服用方法では、99%以上の予防効果があり一番安全です。アメリカCDCで唯一認められている服用方法で、その予防効果についても記載されています。

02

オンデマンドPrEP

性交渉の前後に服用します。

■性交渉が1日のみの場合

性交渉の2-24時間前に2錠、その24時間後に1錠、更にその24時間後に1錠。1回の性交渉で合計4錠使用します。

お薬について

Q. PrEPはどのくらい効果がありますか?

A. CDCの報告によると、デイリーPrEPを継続すると性行為によるHIV感染リスクが約 99%減少します。性行為の前後数日間のみ内服するオンデマンドPrEPも、デイリーと同等の効果を示すと言われていますが、いつ性行為をするかわからない方にはデイリーがおススメです

Q. 内服開始からどれくらいで効果が出ますか?

A. 肛門性交は約7日、血液を介した場合や膣性交渉は約20日かかります。

Q. PrEP の副作用はありますか?

A. 吐き気などがあり得ますが深刻なものではなく、通常時間の経過とともに無くなります。

Q. 内服し始めたら一生飲まないといけないのですか?

A. いいえ。感染リスクが低下する場合PRePを継続する必要はありません。ただし、パートナーや状況が変わる際には、医師と相談しながら最適な対策を検討してください。

Q. 飲み忘れてしまった場合はどうしたら良いです?

A. 気づいた時点で内服してください。

Q. 飲んだかどうか忘れた場合どうしたらいいですか?

A. たまに忘れる程度の場合、内服してください。1日に2錠内服しても特段問題ありません。しかし、何回も2錠飲みをすると腎臓への負担が増大するので医師に相談してください。

Q. PrEP内服中のホルモン治療は問題ないですか?

A. 問題ありません。ただし、ホルモン治療中のクリニックに必ず内服を知らせてください。

Q. 服用を続けると薬への耐性ができると聞いたのですが大丈夫ですか?

A. ご安心ください。HIV陰性の方は薬剤耐性がつくことはありません。ただし、HIV陽性に気づかずにPrEPの内服を続けると、HIVの治療薬に対する抵抗性を持ったウイルスが出現する可能性があり、治療方法が限定されてしまう可能性があります。

Q. PrEPを内服しているのにHIVに感染してしまう場合はありますか?

A. HIVに感染していたが気づかずにPrEPの内服をしていた場合、PrEPの内服がいい加減になってしまったり、突然やめてしまったりした場合にあり得ます

Q. PrEPをやめたい場合はどうしたら良いですか?

A. 最後のリスクのある行為から7日間は内服した後に止めてください。ツルバダを内服している男性、ホルモン治療を受けていないトランスジェンダー女性の場合は、最後のリスクのある行為から2日間内服した後に止めることが可能です。また、慢性B型肝炎の方の場合PrEP内服を止めることにより治療薬としての効果がなくなり、B型肝炎が急激に増悪する可能性があります。医師に相談してから止めるようにしましょう。

オンライン診療・処方の仕組みについて

Q. 送料はかかりますか?

A. 送料・診察料はいただいておりません。全て込みの価格表記となります。

Q. どのような箱で送られてきますか?

A. クロネコヤマトの宅急便コンパクトでお送りしているため、外からは薬とわからない見た目です。送り状の名目は「雑貨」、送り主は「一般社団法人Medivate」です。ご希望がございましたら送り主をお客様ご自身に変更することも可能です。

Q. HIVや肝炎などの検査はついていますか?

A. 上記のプランに検査はついておりません。無料検査のご紹介や安価な簡易検査キットも提供しておりますので、ご希望の場合はお知らせください。

Q. 一回きりの購入はできますか?

A. お得な12ヶ月分のプランは1回きりでお受けしております。定期便の場合も、期間の縛りはないため次回決済・発送前でしたらいつでも無料で解約が可能ですのでご安心ください。

Q. 電話なしでも購入可能ですか?

A. 可能です。ご予約をしていただいた上で、問診票で「電話なし希望」を選択してください。

Mona青山クリニック

東京都港区南青山2-2-15-332

050-3615-0022
info@mona-life.jp

保険適応外の自費診療となります。

「未承認医薬品等であることの明示」
デシコビのジェネリック医薬品であるTafero EMはHIV予防薬として国内では承認されておらず、適応外使用になります。
ツルバダのジェネリック医薬品であるTenvir EMはHIV予防薬として国内では承認されておらず、適応外使用になります。

「入手経路等の明示」
当院で使用しているTafero EMはHetero社で製造されたものを厚生局の正式なプロセスを経て、当院で個人輸入しております。

「国内の承認医薬品等の有無の明示」
有り。

Drawer Title
類似製品