本文へスキップ

トラネキサム酸 500mg

効果

 

  • トラネキサム酸は、お肌の内部に存在する、シミ・肝斑・そばかすなどの原因であるメラニン色素の生成を抑制・改善し、お肌を美白へと導きます。 また抗炎症作用もあるため、肌荒れ・お肌の赤み・痛みを抑制する働きも期待できます。

 


服用方法

 

  •  1日3回(朝・昼・夕)に1錠ずつ、割らずにお水で服用してください。
  • 飲み忘れてしまった場合は、飲み忘れに気がついた時点でいつも通り1回分を飲んでください。

 

主な副作用

 

  • そう痒感、発疹等、消化器、食欲不振、悪心、嘔吐、下痢、胸やけ

 

 

注意が必要な場合(必ず確認してください)

 

  • ピルは血栓症リスクが上がるという報告もありますので、同時服用の際は医師に必ずご相談ください。
  • 喫煙は血栓リスクを上昇させます。
  • 風邪薬にもトラネキサム酸が入っている場合がございますので、過剰内服にならないように他の薬を処方される場合は医師薬剤師に必ず内服薬を報告して下さい。

このお薬をご使用いただけない方(必ず確認してください)

 

  • この薬にアレルギーの既往がある方
  • 血栓のある患者(脳血栓、心筋梗塞、血栓性静脈炎等)及び血栓症があらわれるおそれのある患者(血栓を安定化するおそれがある)。
  • 他のお薬を使用されている方は医師にご相談下さい。また、他の医療機関を受診している際は、服用していることを申し出てください。
  • 重い副作用の出現など緊急の場合は服用を中止し、最寄りの医療機関を受診してください。
  • 消費性凝固障害のある患者
  • 術後の臥床状態にある患者及び圧迫止血の処置を受けている患者(静脈血栓を生じやすい状態であり、本剤投与により血栓を安定化するおそれがある)。
  • 腎不全のある患者(血中濃度が上昇することがある)。

     


    お薬について

     

    • 名称:トラネキサム酸錠
    • 製造販売元: 株式会社陽進堂

    監修医師 : 野間直樹

    経歴
    • 2015年 大阪医科大学医学部卒
    • 2015年 大阪医科大学医学部付属病院にて初期研修
    • 2017年 大阪市立大学医学部附属病院皮膚科勤務
    • 2019年 メディアージュクリニック大阪梅田院勤務
    • 2023年 ルナアフターピルクリニック勤務
    Drawer Title
    類似製品