本文へスキップ

デイリーPrEP

効果

 

  • HIV感染を予防する方法の一つです。スケジュール通りに服用すれば、性行為でのHIV感染リスクを約99%予防できることがわかっています。 PrEPは、日本ではまだメジャーではありませんが、世界的にはHIV予防法の一つとして重視されており、 WHO(世界保健機関)では、「すべてのHIV感染ハイリスク群にPrEPの選択肢が提供されるべき」とし、ガイドラインも出されています。 
  • デイリーはオンデマンドに比べて飲むタイミングを間違えにくい、セックスの計画がたてられない場合の心配がいらない、慢性B型肝炎の方でも使用できる可能性がある、など多々のメリットがあります。特にPrEPは、飲み忘れによりHIV感染のリスクが高まるため、基本的にデイリーをお勧めしております。

 

服用方法
  • デイリーPrEPは、タフェロEMを毎日1錠をだいたい同じ時間に飲んでください。
  • 飲み忘れた場合は気づいた時点で内服し、翌日は定められた時間通りに内服して下さい。 

 

主な副作用(必ず確認してください)

 

  • PrEP の服用開始後、副作用として、頭痛、吐き気、腹部膨満感が出る場合があります(2%前後)。しかし、多くは軽く、1か月ほどで無くなることがほとんどです。
  • 副作用がきつい場合、気になる場合は、医師に相談してみてください。
  • 熱、倦怠感、風邪のような症状(インフルエンザ様症状)があった場合、副作用ではなく、PrEP 開始前や直後の HIV 感染の可能性もあることから、早めに医師に相談してください。
検査スケジュール(必ず確認してください)

 

  • 検査スケジュールは11ページに記載があります。必ずこれに従って検査するようにしてください。PrEPの手引きを見る
  • HIV に感染していないか:感染していた場合には薬剤耐性が生じてしまう可能性があるので、PrEP をおこなわず、HIVの診療を受けてください。
  • ②性感染症(梅毒、淋病、クラミジア)に感染していないか:感染していた場合は、性感染症の治療を進めながらPrEPを行うことができます。
  • 腎臓機能に異常がないか:腎機能の程度によって、PrEP を開始できない場合があります。
  • B型肝炎ウイルスに感染していないか:B型肝炎の状態により判断されます。慢性B型肝炎感染症の場合には、オンデマンドPrEPは行うことができません。デイリーPREPでも内服中止時に注意する必要がございます。
  • 当クリニックでも自宅でできる各種検査キットを販売しております。ご希望の方はご連絡ください。
このお薬をご使用いただけない方

 

  • HIV陽性
  • 妊娠中や授乳中
  • 未成年
  • 腎機能不全(数値によるので要相談)

お薬について

 

  • 名称:タフェロEM(デシゴビ)
  • 製造販売元: Hetero Labs Limited
  • 販売提携: Hetero Healthcare Limited
  • 名称:テンビルEM(ツルバダ)
  • 製造販売元:Cipla Ltd

監修医師 : 野間直樹

経歴
  • 2015年 大阪医科大学医学部卒
  • 2015年 大阪医科大学医学部付属病院にて初期研修
  • 2017年 大阪市立大学医学部附属病院皮膚科勤務
  • 2019年 メディアージュクリニック大阪梅田院勤務
  • 2023年 ルナアフターピルクリニック勤務
Drawer Title
類似製品