本文へスキップ
抗老化薬としても注目のメトホルミン!アンチエイジングの効果とは?

抗老化薬としても注目のメトホルミン!アンチエイジングの効果とは?

監修医師:野間直樹 / アンチエイジング

メトホルミンは2型糖尿病に最も処方されている歴史のある薬の1つです。
最近では、メトホルミンは『抗老化薬』として使用できる可能性から、再度注目を集めています。

メトホルミンとは何か?

メトホルミンは、元々は2型糖尿病の第一選択薬として広く使用されている歴史のあるお薬です。また、糖尿病の前段階や多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)の人の糖尿病発症のリスクを下げるためにも適応外処方されています。

最近ではその体重減少効果から、緩やかなダイエット効果目的に内服されている方もいます。

メトホルミンはどのように作用するのか?

メトホルミンは、体内の血糖値を安定させ、下げる働きをします。これにはいくつかの方法があります。

  • 肝臓が生産するブドウ糖の量を減らします。
  • 腸が吸収するブドウ糖の量が減少します。
  • 体の組織がインスリンに対してより敏感になり、細胞が血液中のブドウ糖をよりよく吸収して利用できるようになります。

血糖値を下げると、健康上のメリットが数多くあります。
体重を減らし、健康的な血圧を維持し、心臓病のリスクを下げるのに役立ちます。

メトホルミンは老化を遅らせたり、寿命を延ばしたりできるって本当?

元々、糖尿病でメトホルミンを使用している患者さんたちの寿命や心血管リスクが、内服していない人より良好である事がわかりました。
研究者はその結果をもとに、メトホルミンが老化を遅らせ、加齢に伴う健康状態を予防し、寿命を延ばすことができるかどうか研究してきました。その結果、糖尿病患者における癌や心臓病などの加齢関連疾患のリスクを低下させることが示されています。

  • 高齢者の血糖値、インスリンレベル、DNA修復などの代謝マーカーを改善する可能性がある。
  • 老化プロセスに影響を与えることが知られている炎症を軽減する。
  • マウスの寿命を延ばす。
  •  

研究者たちは、メトホルミンが人間の老化プロセスにどのような影響を与えるのかまだ正確にはわかっていません。メトホルミンが血糖値を下げ、インスリン感受性を改善し、細胞内のミトコンドリアに影響を与えることが関係しているのではないかと考えられています。

メトホルミンと脳機能について

メトホルミンが脳卒中のリスクを軽減する可能性があることを示唆する観察証拠がいくつかあります。また、脳卒中後の回復を改善するのに役立つ可能性があります。

とはいえ、jメトホルミンが老化した脳を保護できるかどうかについては、証拠はまちまちでまだはっきりはしておりません。今後の研究に期待がもたれています。

メトホルミンはアンチエイジングに適応外使用されていますか?

メトホルミンは現在、加齢に伴う健康状態改善効果に対して推奨も承認もされていませんが、この目的のために積極的に研究されています。

メトホルミンの研究のほとんどはマウスなどの動物モデルで行われてきました。しかし現在、メトホルミンの抗老化効果を研究するTAME試験(Targeting Aging withMetformin)と呼ばれる大規模な臨床試験が行われています。

この試験では、65歳から79歳の成人を対象に、メトホルミンを服用している人が心臓病、認知症、がんなどの加齢に伴う病気の発症を遅らせているかどうかを調べています。TAME 試験は、開始後6 年間実施される予定で、結果が出るまでにはかなりの時間がかかるでしょう。結果が出るのが楽しみですね!

メトホルミンの他の利点は何ですか?

メトホルミンは現時点では2型糖尿病に対しての承認薬です。しかし、アメリカでは多くの分野で適応外処方されています。

  • 糖尿病前段階
  • PCOS
  • 妊娠糖尿病
  • 抗精神病薬に関する体重増加
    などがその一例です。
メトホルミンはなぜ「奇跡の薬」と呼ばれているのか?

メトホルミンは動物実験や小規模な人への研究で次のような利点がある可能性があるとされており、初期の研究結果から『奇跡の薬』と呼ばれています。

  • 癌の予防
  • 老化を遅らせる作用

心臓の保護作用

ただ、確証は得られていないので、今後の大規模な研究に期待が寄せられています。

メトホルミンの副作用とリスク

メトホルミンの一般的な副作用は次の通りです。

  • 吐き気
  • 下痢
  • 腹部膨満感
  • 胃痛
  • 頭痛


また、メトホルミンには稀ではありますが『乳酸アシドーシス』という重大な副作用が報告されています。

結論

メトホルミンは糖尿病薬としてはもちろん、ダイエット薬や抗老化作用のあるお薬として注目されています。


参考文献

アメリカ老化研究連盟。(nd) TAME 試験。
Bai, B., et al. (2021).メトホルミン:炎症に対する新たな武器。薬理学の最前線。

NEXT > >

#001 リベルサスとは?

監修医師:野間直樹 / メディカルダイエット

監修医師 : 野間直樹

経歴
  • 2015年 大阪医科大学医学部卒
  • 2015年 大阪医科大学医学部付属病院にて初期研修
  • 2017年 大阪市立大学医学部附属病院皮膚科勤務
  • 2019年 メディアージュクリニック大阪梅田院勤務
  • 2023年 ルナアフターピルクリニック勤務
Drawer Title
類似製品